『ETCカード』 きちんと選べば色々お得! おすすめETCカードとその特徴をご紹介!!
利用上の注意。ETCレーンを通過する時は、20Km/h以下に減速しましょう。ETCカードはしっかり挿し込みましょう。
通行速度は時速20Km以下で
 車載器にカードを挿してなかったり、挿し込みが不完全だったり、あるいは料金所直前で挿入したなどが原因で、ETCレーンに設置されている開閉バーが開かないことがあります。これは、車載器とアンテナの通信が正常に行われないためです。いつでも安全に停止できる速度(20km/h以下)に減速し、開閉バーが開くのを確かめてから進みましょう。
車間距離は十分に
 ETCレーンはノンストップだからといって注意を怠ると、前の車が何らかの理由で停車した場合に大変危険です。十分な車間距離をとるよう心がけましょう。
カードの挿入は確実に
 開閉バーが開かないケースの大半は、カードの挿し忘れや不完全な挿入が原因です。車載器へカードを挿入した際は、車載器側で必ず動作確認を行いましょう。ただし、走行中のカードの抜き差しは、危険ですし、通信エラーの原因にもなるので絶対やめましょう。
カードの期限に注意
 クレジットカードと同様に、ETCカードにも有効期限があります。もちろん期限切れのカードは利用できないので注意しましょう。 「ハイカ・前払」残高管理サービス利用のカードが期限切れとなった場合は、更新されたカードに残額が移行されます。
ETCカードは貴重品
 ETCカードはクレジットカードと同じです。車から離れる際は車内に放置せず、車載器から抜き取って持って出ましょう。また防犯面だけでなく、熱などの影響でカードが使用できなくなることもあります。