『ETCカード』 きちんと選べば色々お得! おすすめETCカードとその特徴をご紹介!!
ETCの利用方法。カードと車載器は自由に組み合わせ!通行レーンは2種類あります!入り口か出口どちらかが未対応でも大丈夫!
カードと車載器は自由に組み合わせ
ETCカードは一枚でいろんな車に使える   一台の車で何人ものカードを使えます

 ETCは、通信と支払いに関わるすべての規格が統一されているので、どのメーカーの車載器にどのクレジット会社のカードを組み合わせてもかまいません。そのため、自分のカードは自分の車の車載器でしか使えないのではなく、例えば知人から借りた車やレンタカーなどの車載器でも支障なく利用できます。

 つまり、1枚のETCカードを複数の車(ETC車載器)で使うことができ、同時に1台の車(ETC車載器)に複数のカードが使用できるわけです。
※入り口と出口では必ず同じカードを使用します。

ETCの通行レーンについて
 ETCの通行レーンは2種類あります。
ETC専用レーン
 「ETC専用レーン」という表示はETC専用のレーンなのでスムーズに通過できます。
ただし、ETC非装着車が間違って進入し一旦停車する場合があるので、先行車との車間距離を十分に保ち、注意して通過しましょう。
ETC・一般共用レーン
 「ETC/一般」の表示があるレーンはETC利用でない一般車も進入します。先行車が一旦停車する場合に追突しないよう気をつけましょう。なお、(ETC専用)と(ETC/一般)の表示は、時間帯により変わる場合があります。
事前案内板をチェック
 料金所エリアに進入する手前に、ETCレーンの位置を示す案内看板が設置されているので確認し、適切なレーンに進みましょう。
ETC未対応の料金所では
 ETCが設置されていない料金所であっても、ETCカードで支払ができます。ブースの料金収受員にETCカードを渡せば、ETCレーンを通過した場合と同じ方法で精算されます。なお対距離料金所の入口と出口のどちらか一方が未対応だった場合の利用方法は次のとおりです。
入り口が未対応だったとき
入り口がETC未対応
 入口では通行券を受け取り、出口では一般ゲートで通行券とETCカードを収受員に渡します。
出口が未対応だったとき
出口がETC未対応
 入口をETCレーンを無線通信して通過した場合は、出口でETCカードだけを料金収受員に渡します。
利用履歴の確認

 料金所をノンストップで通過するETCシステムは、その場で領収書や利用証明書の発行を受けることができません。利用履歴明細は、クレジットカード会社からの利用料請求時に確認できます。
 仕事上の理由での有料道路利用など、利用当日等に利用を証明する必要がある場合には、ETCカード内に記録されている情報を読み出してプリントする装置も発売されています。

 また、パソコンとプリンタが必要ですが、ETCを利用した際の利用証明書をインターネットから取り出し、印刷することができます。利用にあたっての登録手続きは不要で、利用料もかかりません。
下記にアクセスしてご利用ください。

▶ETC利用照会サービス