『ETCカード』 きちんと選べば色々お得! おすすめETCカードとその特徴をご紹介!!
ETC導入までの手続き。ETCを利用するのに必要なものは「ETCカード」と「車載器」
ETCを利用するには

 ETCの利用に必要なものは支払い用のETCカードと、車に取り付ける車載器です。カードはETCカードならばどの車にも共通で使用できますが車載器は搭載する車ごとに必要となります。

 そのため、ETCを利用するには、ETCカードの申込み、車載器の購入、そしてセットアップという3つの手続きが必要となります。ETC車載器取扱店には、すべて一括して申し込める店舗もあるので確認してみるとよいでしょう。

ETCカードの申し込み
 ETCカードはクレジットカードと同じ機能を持つので、クレジット会社に申し込みます。個人(または法人単位)で取得し、名義人のみが使用できます。ETC車載器が取り付けられた車なら、他人の車でも自分のカードで支払いができます。 ※通常のクレジットカード申込み時と同様に審査等があります。
車載器の購入・取り付け
 車載器は自動車ディーラーやカー用品店、自動車整備工場などで取り扱っています。通信販売等で購入する場合は別途取付セットアップが必要ですので、近くのお店に相談しましょう。
セットアップ

 車載器をただ取り付けるだけではETCは使えません。車両タイプごとに有料道路の料金が異なるため、使用する車両の情報を車載器にインプットする必要があります。これがセットアップです。

 その車載器を使用する車両に合わせた情報をインプットするので、ひとつの車載器を複数の車で使用することはできません。セットアップの作業は、確実さが求められるので必ずセットアップ取扱店で行いましょう。