『ETCカード』 きちんと選べば色々お得! おすすめETCカードとその特徴をご紹介!!
おトク情報。ETC車載器リース制度・通勤割引・早朝夜間割引・深夜割引・ETCマイレージサービスなどがあります。
ETC車載器リース制度
 車載器の代金(ETC車載器本体価格、セットアップ料及び取り付けが発生する場合は その費用を含みます)・リース等の金利・手数料の一部を助成する制度です 。
 リース、割賦販売、クレジット販売のご契約で、2年以上の期間、且つ2回以上のお支払い回数で契約する場合に対象となるので、現金・クレジットともに一括払いの場合は助成の対象になりません。
 ETC車載器リース制度支援業務取扱店にて車載器を購入する際に、お店に備え置きの「ETC車載器リース制度助成申込書」に必要事項を記入して、お店に提出すると、料金総額から助成額5250円(税込)が割引されます。

▶詳しくはこちら

通勤割引
ETC通勤割引
 東・中・西日本高速道路では、大都市近郊を除いて朝6~9時、夕方17時~20時までの間の通行料金を最大50%まで割引します。ETCが整備されている入口料金所をETC無線通信により走行し、朝夕の通勤時間帯に入口もしくは出口料金所を通過し、かつ総利用距離が100km以内の場合が対象となります。
 100km以内が対象だからといって、一旦高速道路を降りて再度入り直しても、1度の時間帯について最初の1回のみが割引対象となるので、入り直した後の走行分は割引されません。

▶詳しくはこちら( 東日本 /  中日本 /  西日本 )

ETC通勤割引
早朝夜間割引
早朝夜間割引
 通勤割引とは反対に、大都市近郊区間のみ対象となる割引制度です。ETCが整備されている入口料金所をETC無線通信により走行し、夜間22時~翌6時までの間に大都市近郊区間を利用し、かつ総利用距離が100km以内の場合、利用区間の利用金額が約5割引になります。高速自動車国道以外の有料道路(一般有料道路や首都高速道路など)は、割引の対象となりません。

▶詳しくはこちら( 東日本 /  中日本 /  西日本 )

早朝夜間割引
深夜割引
 ETC利用車両(全車種)を対象に東・中・西日本高速道路株式会社が管理する高速自動車道を深夜時間帯(午前0~4時)に走行した車両にが割引対象となります。利用区間の通行料金が約30%割引きされます。※高速自動車国道以外の有料道路(一般有料道路や首都高速道路など)は、割引の対象となりません。
ETCマイレージサービス
  東・中・西日本高速では、事前にマイレージ登録をしておけば、支払った料金に応じてマイルが貯まります。50円につき1ポイントで、1000ポイント貯まると8000円分の無料通行が可能となります。

▶お申込みはこちら

ETCマイレージサービス
ETCマイレージサービス
ETCマイレージサービス
その他のおトク情報
■東京湾アクアライン
東京湾アクアラインの利用を促すために、ETCご利用の方に通行料金の割引を行っています。通常料金の約23%値引きしています。
※川崎側から木更津側に通過せず、海ほたるPAでUターンした場合も割引対象となります。また、川崎側から入った場合は当日の料金表示は割引されていない表示となりますが、支払い時には割引となります。
※大口・多頻度割引、障害者割引等とも併用できます。

例)普通車 ¥3,000 → ¥2,320   大型車 ¥4,950 → ¥3,830
▶首都高速道路
時間帯割引、利用実績に応じた割引、特定区間での割引、住宅地の環境に配慮した割引などがあります。
▶阪神高速道路
マイレージサービス、時間帯割引、事業者向け割引、住宅地の環境に配慮した割引などがあります。
▶本州四国連絡高速道路
特別割引、マイレージサービス、事業主向けの割引などがあります。
高速道路の管理会社ごとに独自の割引サービスが実施されていますので、ご利用のエリアの情報をご確認ください。